上に戻る

セキュリティカメラ

クラウド型セキュリティカメラ新登場!資格保有者がお客様に適切なコンサルティングをいたします。

セキュリティカメラが設置される理由

マンションにおける犯罪は、67%が不法侵入による窃盗、17%が不法侵入による器物破損です。
およそ8割以上の犯罪が外部からの不法侵入による犯罪ということが分かります。
このような不法侵入を未然に防ぐため、マンションにセキュリティカメラを設置されるオーナー様が増えています。
また、駐輪場やごみ置き場等にセキュリティカメラを設置することにより、入居者様のマナー意識の向上と
マンション管理の効率化にも繋がり、より快適なマンションにすることができます。

マンションにおける犯罪は、67%が不法侵入による窃盗、17%が不法侵入による器物破損であります。

セキュリティカメラの効果

効果

1

マンション内での
犯罪を未然に防ぐ

効果

2

入居者様の
マナー意識の向上

効果

3

悪質セールスや
無許可チラシを減らす

効果

1

マンション内での犯罪を未然に防ぐ

犯罪経験が豊富なベテランの泥棒は捕まらないために、
安全に仕事をこなすことを心掛けています。
つまり、犯行の証拠を残すことを避けたいと考え、
リスクの高いマンションには侵入しないようにしているのです。

全ての部屋でインターネット使い放題。

効果

2

入居者様のマナー意識の向上

ルールを守らずにごみを出す方やたばこをポイ捨てする方がいると、
他の入居者様の不満は溜まっていくはずです。
個別の注意ではオーナ-様の手間も出てきます。
セキュリティカメラの導入で監視の仕組みを作ることで、
オーナー様のマンション経営がより快適になります。

全部屋に設置するので部屋の中でも使える。

効果

3

悪質セールスや無許可チラシを減らす

悪質セールス業者の詐欺や不法侵入などには注意が必要です。
また、無許可チラシに対して管理会社様へ不満を示す入居者様が居たり、
マンションの郵便ポストがチラシでいっぱいになり、
見栄えが悪くなることもあります。セキュリティカメラがあることで、
このような違法行為を軽減することができます。

埋め込み式ルーターの特徴。

最近の流行は?

最近、セキュリティカメラを設置されるマンションのオーナー様に人気のある機能は、
インターネット回線を利用し、遠隔から物件を監視する機能です。
当セキュリティカメラはお持ちのパソコンやスマホからインターネット回線を介して
監視することができるので、離れたところからもリアルタイム映像や録画された映像を確認することができます。

インターネット回線を利用し、遠隔から物件を監視する機能があるセキュリティカメラ。

セキュリティカメラの種類

現在のセキュリティカメラは、アナログカメラネットワークカメラの2つの種類があります。
・アナログカメラ:同軸ケーブルを使い、アナログ伝送をするカメラ
・ネットワークカメラ:LANケーブルを使い、デジタル信号として映像を送るカメラ

アナログカメラ
録画場所 レコーダー(録画機)
初期費用 カメラ、レコーダー、工事費
画素 128万画素
遠隔監視 可能
※インターネット環境必須
その他 WDR機能 フリッカレス機能 アナログ映像出力
アナログカメラ
ネットワークカメラ
録画場所 クラウド
初期費用 カメラ、工事費のみ
※月々のクラウド使用料あり
画素 320~400万画素
遠隔監視 可能
その他 HD画質 防水ボディ 動体検知
広角レンズ デジタルズーム 暗号化送信

※クラウドとは?

ネットワークカメラ